スーツのアイロンのかけ方にはコツがある

職種によっては私服で良かったり作業着で仕事をされる方がいらっしゃいますが、サラリーマンは基本的には勤務中スーツを着ます。
毎日スーツを着るとなると洗い替えなどで3セットくらいは必要になってくるでしょう。
こまめにクリーニングに出せる余裕がある方は良いですが、若い世代ですとクリーニングに出すことすら面倒だったりします。
そんな方々のために自宅で洗濯できるものもだいたい上下セットで2万円以下くらいで販売されていますから人気を高めています。
また自宅でアイロンがけをするのも良いでしょう。
膝やひじのあたりは曲げるとシワになりやすいですし背中は電車や車に乗った際にしわが付きます。
そういった比較的、人目につきやすい部分をきっちりアイロンがけをしておくことで清潔感が出ます。
カフス部分は裏側から引っ張るようにして当てると綺麗に仕上がります。
ズボンは折り目に気をつけながら股下から裾に向かって当てていきます。
一番、気を付けることは温度設定です。
温度を間違えると当てた部分が色あせてしまいます。